撮影旅行を不可能にする「 COVID - 19 」
こもっている間にほじくり出した第二弾?
1992年9月 サイクリングでラインを下る

動画を見やすいように刻んでかいつまんで、簡単な説明で載せてみます。
もともとチャンとした編集ではないのでご満足出来るかは疑問です!
ユーチューブにリンクします。このサイトに取り込んでいませんのでお手数でも行き来してください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ライン川の源流は観光列車「氷河急行」も通るオーバーアルプ峠の奥、トーマ湖と言われています。
さすがにそこまでは自転車では行けません。スタートはハイキングです。

動画  2分40秒

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


自転車でのライン下りのスタート地点即ち最高点は標高 2044 m のオーバーアルプ峠ですが宿はないので
麓の町アンデルマットからの出発になりますが、町は標高 1440 m ですからいきなり 600 m !!の登りになります。
登り切ってしまえばクールまでは険しいですが快適な下りです。

私はこの間だけレンタカーで撮影、全員の荷物運搬役です。自転車はクールに送ってあります。

動画  5分

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



クールまでは車の片手運転で写します。景色は抜群です。氷河急行も通ります。
顔のアップを減らしているので背景の良いのが失われています。

動画  7分40秒

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



クールの少し手前でほぼ同等の前ライン、後ラインが合流して倍増、その後オーストリアからも合流します。

クールからは最後まで自転車での片手運転撮影という “ 高等技術 ” です。
クールからは勾配がとても緩くなります。私にとって残念です!

動画  8分50秒

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



この辺りでライン川は黒い森を迂回するように南に膨らみます。我々もあちこち動きますが詳細は省略します。
膨らんだ内側にドナウ川が入り込んで、つまりドナウを囲んでラインとの分水嶺が続きます。

動画  6分40秒

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



移動の間には予期しない見聞もあります。祭りとか、結婚式も見て楽しいですね。

動画  2分20秒

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



川がどんどん “ 巨大化 ” するのにはビックリです。バーゼルからは大型船も通り並行して
運河、水門で船は進みます。

動画  4分20秒